2006年 03月 22日
2006.3.17-22 ギャラリー沙蔵 KAZU展
b0109888_5365561.jpg長岡での個展

お蔭様で無事終了致しました

誠にありがとうございました

Gallery沙蔵の映像

新潟日報記事
[PR]

# by kazufujiyama | 2006-03-22 20:32 | Top news | Comments(0)
2005年 05月 11日
飛鳥来航
b0109888_552364.jpgこの港で絵を描いてから八年目になりますが日本客船の来航に出くわすのははじめて、大型船は港に直接接岸できない為運搬船を下ろして乗客を運ぶのですがその運搬船は日章旗を掲げ降り立つ人影はどう見ても年老いた日本人。観光用のプチ・トレイン(機関車の形をした連結自動車)には日本人だけが載ってくるではありませんか。最初に歩いて前を通りがかった日本人の方にいろいろと船について伺うと、客船名は飛鳥といい日本人400人と2人の韓国人か中国人だったかが乗っておられるそうです。横浜を出発して神戸でまた乗客を乗せてからシンガポール、タイ、紅海を抜けトルコ、ナポリ、モナコ、そしてここヴィルフランシュ(一ヶ月目)、バルセロナ、リスボン、アムステルダム、コペンハーゲン、ノルウェイ、アイスランド、ニューヨーク、パナマ運河を通りサンフランシスコ最後がハワイで横浜に帰る100日間世界一周乗客メンバー変わらずの旅。このツアーはたくさんの旅行代理店が参加者を募りキャンセル待ちの人であふれほど人気があり不景気な日本でもお金を持っている人が贅沢な船旅に興じているのをじかに見てしまいました。彼らから見ると私も贅沢に見えるようですが自転車操業も楽ではないしこの歳になるともう継続することが奇跡になってきました。写真は横浜市にお住まいの田邊さん私の絵をゲットして行かれました。ほとんどの方がヴィルフランシュを知らないで来航されたと思いますが彼らもこの港の不思議なマジックにかかることを信じております。日章旗を掲げた運搬船は客船飛鳥に引き上げられ6時間の短い滞在でしたが地中海の夕暮れに消えていきました。
[PR]

# by kazufujiyama | 2005-05-11 21:03 | Top news | Comments(0)
2002年 11月 05日
Restaurant La Mère Germaine
b0109888_5495370.gifヴィルフランシュ・シュール・メールにある有名なレストラン、
ラ・メール・ジャルメンヌ
ここのテラスで食事するのは贅沢といってよいでしょう
眺めが良いしブイヤベースはとてもおいしい

光栄にも写真の赤いシャツの私の左の女性

ガイドの百合さんが私をここへ紹介してくださったお陰で

十数年続いているグリーティングカード(年賀状)の絵を

今年は私が手がけることになった
歴代にはジャン・コクトー、ジャン・ミッシェル・ホロン、トビアスなど
フランスの有名な画家が勢ぞろい
そこへ無名の日本人画家それも初外国人起用
これってドッキリカメラ
天にも昇るような感じ

1400枚刷り上った絵にすべてサインさせていただきました
ヴィルフランシュ5年目よいご褒美をいただきました

Restaurant La Mère Germaine
[PR]

# by kazufujiyama | 2002-11-05 05:45 | Top news | Comments(0)
2001年 01月 01日
ドイツのベルナールさんちへやって来た
b0109888_625119.jpg1998年12月ドイツのグロスラングへイム

この年の3月Bernhardさんと奥様のPiaさんは

フランスのニースにヴァカンスで来ていた

Bernhardさんとはフランス語学校アルファ・べで知り合った

彼がヴァカンスを終えてドイツに帰るとき

私の魂が泣いた不思議な経験をした

それ以来毎年彼の住むグロスラングヘイムには遊びに来ている

彼はルフトハンザ航空ヨーロッパ便の機長です

b0109888_622461.jpg左が長女のヨハンナさん

中央奥様のピアさん

左は次女のリサさん
[PR]

# by kazufujiyama | 2001-01-01 01:01 | | Comments(0)
2001年 01月 01日
藤間寛章襲名&名披露目
b0109888_1859924.jpg平成7年4月13日

六本木 家元藤間勘右衛門宅にて

私の左 藤間藤三郎先生

私の右 家元藤間勘右衛門 尾上松録(当時は辰之助)

右端 藤間蘭景先生

お金もないのによくやってました





緑の衣装がカズです。このときが最大の体重。
蜘蛛の拍子舞2/7(恋)
蜘蛛の拍子舞3/7(刀鍛冶の語り)
蜘蛛の拍子舞4/7(拍子舞)
蜘蛛の拍子舞5/7(三味線)
蜘蛛の拍子舞6/7(蜘蛛に変身)
蜘蛛の拍子舞7/7(戦い)
[PR]

# by kazufujiyama | 2001-01-01 00:00 | Top news | Comments(0)