<   2009年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2009年 08月 31日
やっぱり前世は戦友だったかも 親友の旅立ち
ベルナールさんと出会ったのは1998年の3月でニースのフランス語学校

彼は奥さんのピアさんとバカンスで2週間ニースに滞在している間に学校に来ていた

当時彼はヨーロッパ便を飛んでいた

そして夢かなって国際便を今は飛んでいる

パチンコとか言ってへんなオヤジだとおもっていた

私にまとわりつきあっちこっち連れまわされた

その時は英語もフランス語もしゃべれなく大変だった

そしてニースでの別れの時

学校でさよならをして

門をでたら突然涙が止まらなく流れた

魂が泣いていた(江原氏的に言うと)

こんな経験はしたことが無いない

それ以来毎年のようにドイツへ行っていた

私にとって最後のフライトは奇跡のようだった

でもこれは運命のようで決まっていた感じがしてならない



長岡でのあっという間の3日間が過ぎた

そして別れの時がきた

ベルナールさんがまたわたしの町に来いよって言ってくれた

簡単に行けないことは彼もわかっている

ベルナールさんとピアさんを長岡インターへ見送りに

その時不思議な感覚を覚えた

国道を私たち2台の車が平行に走り

彼らは長岡インターへ入り

私は国道をまっすぐ走り

手を振りあいながら別れた

紅の豚のイタリアの戦友が送り出したシーンと同じ感覚だった

家に着いたらドイツやプラハを一緒に旅した思い出が

走馬灯のように浮かんだ

前世は戦友だった気がしてならない

ポロリ・・・


[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-31 19:45 | Comments(0)
2009年 08月 30日
ベルナールさんピアさん長岡へようこそ!
b0109888_1610358.jpgドイツからやって来ました

ベルナールさんとピアさん

長い旅の途中に長岡まで足を延ばしてくださった

父母感激


b0109888_1613851.jpg寺泊の魚市場で浜焼を買い

海水浴場でピクニック

おにぎりをほおばった


b0109888_1617410.jpgコーヒータイムでお茶を出来るところを

探していたらワイナリーを発見

僕運転手飲めない

舐めるだけ

100円のテイストを8杯

CAVE D'OCCI 新潟でならなかなかの味

でも高いなあ


b0109888_16213745.jpg江原氏もお勧めの神聖な感じが漂う

弥彦神社




b0109888_16225137.jpg神聖な場所の脇に競輪場

おかしいよねこれって

ベルナールさん興味津津

練習する選手をずっと見ていました


b0109888_16254112.jpgホテルのそばの居酒屋でカラオケが出来る個室へ

閉店まで英語のものを歌い続けました

飲みすぎた!
[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-30 23:08 | 酒場&レストラン | Comments(0)
2009年 08月 29日
新潟平野らしき油絵 完成
b0109888_1159129.jpgいつも手こずるのが空

あまり納得がいかない

1年したらいい色になるのだが・・・
[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-29 12:01 | 絵&アート | Comments(0)
2009年 08月 28日
大地の芸術祭へ 再び 今度は車
小国へ舞台設営のお手伝いが出来るかなと

思って伺ったら小さいテントで終わっていた

夜に照明を見せてもらうことにした

時間があり過ぎる

大地の芸術祭再びだな

中里エリアに気になる作品がある

129番 LIKE SWIMMING 青木野枝

鉄の作品で有名らしいが

確かに蔵の漆喰とはマッチしていたが

蔵のなかの木の部分では同系色でみずらい


131番 うつすいえ

天井のホタル球が床のガラスに映っていい感じ


132番 清津峡トンネル美術館

樹木で造形物を作り炭化させた作品

トンネルと照明が作品を引き立たせていた





130番 アジアを抱いてー富山妙子の全仕事展1950-2009

政治を批判したものなので普通の美術館では拒否される

すべての作品が集められるのは初めて

87歳にして現役

少しは丸くなったらと思いたいが

彼女のパワーはすごすぎた

ここは必見!

富山妙子HP
[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-28 17:47 | Comments(0)
2009年 08月 28日
越後おぐに森林公園 テント芝居 劇団どくんご 全国ツアー!
b0109888_820182.jpg

テントと聞くとわくわくする

唐十郎の赤テントはよく見に行った

自分でもテントを建てて芝居を打ったことがあるので興味津津

明日の本番が見られないので今日覗きに行って来よう

小国の方は財布の紐がかたいので投げ銭公園だそうです

紙の美術博物館、養楽館延命の湯脇特設テント



追伸

役者5名音響さん、照明さん

7名で回っていらっしゃいました

かわいいテントでオープンタイプ

本番見たかったなあ


[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-28 08:30 | Comments(0)
2009年 08月 27日
こんにゃく糊を塗り強化 カズの木枕バージョンUP!
b0109888_1243717.jpgこの写真だけだと大地の芸術祭かな?

カズ製木枕にこんにゃく糊を塗って乾かしている

大地の芸術祭へ小国の方から入った

その際小国和紙の工房へお邪魔しこんにゃく糊をわけていただいた

この糊をを塗ると表面が摩れても毛羽立ちにくくなる

薄い枕カバーをつけることが本当はいいです

最近3個売れて喜んでいる

西式甲田療法がもっと広まることを祈ります




[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-27 12:51 | Comments(0)
2009年 08月 27日
屋敷には白菜、雪白体菜、おり菜、黒津畑にはダイコン
b0109888_1029854.jpg冬野菜、春野菜の種を蒔く

私は草取り

とにかく実験農園は草の勢力が強く

野菜は負けてしまっている

草を山にしてもその脇から草が茂る

自然農法の効率のすこぶる悪さ

そのうち何かが見えてくることを期待して・・・・
[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-27 10:35 | 農業 | Comments(0)
2009年 08月 26日
米の値段 農家がコメを売る時代へもっと
農家は米の作り方は知っていても

売り方が分からないのがほとんど

まして商品価値がないコメは農協のいいなり

画家と画廊の関係に少し似ている

あっしは道で描いて道で売る

農家はそうはいかない

米屋に売るか農協に出すか

ネット販売出来る農家は少ない

だから消費者は付加されて購入することになる

それも農家を助けていると言えば事実

ムムム・・・・

とりあえず今のあっしは自分が食べていけれる分のコメさえできればいい


[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-26 20:42 | Comments(0)
2009年 08月 24日
大地の芸術祭へママチャリで 無事帰宅
b0109888_14281924.jpg朝5時半に十日町のはずれ下条を出て

我が家に8時半に着きました

お陰さまで怪我もなく

少しの虫刺されで済みました

御苦労さまミドリ君

彼と回った赤いルート

越後妻有アートマップ


b0109888_14324649.jpg大地の芸術祭

車だったら

6日間で回れそうだが

すべてを見る必要もなさそうである

パリのルーブル美術館のように

見たいとこだけで素通りすればよし

全国からの車ですごかったが

経済効果はどうなんでしょう?

なんかコンビニばかりに

集中している気がします

温泉旅館でも素泊まりを

要求するお客さんがいるそうな

それでも私のように寝袋や車中よりはましでしょう

今回の大地の芸術祭を見て

わかってもらえなくても発信することが大事なことなのだと感じました
[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-24 09:00 | | Comments(4)
2009年 08月 23日
大地の芸術祭へママチャリで 4日目
川西エリア

ナカゴグリーンパーク

63番光の館

大地の芸術祭一番の目玉箇所

こんな家でなくても

独自の空間を作ってみたい





十日町エリア

お勧めポイント

4番下条・神明水辺公園

小さな家

川沿いの土手に掘られた穴の空間

川のせせらぎや蝉の鳴く声が聞こえ

禅の空間のようだ



7番うぶすなの家

人が多すぎてここは銀座?

早々に退散



11番千色屋

染物ワークショップで

写真のハンカチを染めてきた

b0109888_1492413.jpg




12番Wasted

1万枚の服

子宮の中にいる感じがしました

クッションに包まれて居心地がよかったです





下条駅側のみよしの湯に浸かり下条駅の三角小屋へ

本日の寝床と思いきや

既にツーリング自転車が停まっていた

本州を縦断の旅をしているそうな

サラリーマンらしく休みのときに電車で自転車を運びながら継続している

すこしスペースを空けてもらい

彼の持ってきた蚊取り線香付きでおやすみなさいでした
[PR]

by kazufujiyama | 2009-08-23 21:49 | Comments(0)