<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2007年 02月 28日
玄関に手洗い
b0109888_15512325.jpg父と一緒に玄関に手洗いを取り付けた
自動水洗 エアータオル

妹の強迫性障害は他人が触ったもの
特に苦手な人が触ったものに
触れることが出来ない
外から帰ってきた私たちに手を洗えと必ず強制する
とりあえずこれで本人は少し安心できるようだ

実は過去に対人関係で嫌なことがあってから
この強迫性障害が始まった
本人はそれを乗り越えられず
引きずっている
この問題を開放しなければならない

こしき沢先生にこのことを言ったら
治療をやってみようとおっしゃった

自力で解放できなければ
第三者にその方法を学ぶしかない

接骨院ですがこころの治療も施せる
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-28 16:21 | Comments(0)
2007年 02月 26日
えっ!先生もヒーラー
こしき沢接骨院
NAET療法

NST検査をはじめる
b0109888_20374391.jpgためしにコーヒー用の砂糖ステックをおなかにのせ
手を倒す
力なく倒れてしまう

当然のこと漂泊砂糖は体によくないことがわかる

今日は 卵MIX の治療 

卵MIXのサンプルを握らせ
背中のマッサージとゲートマッサージをほどこされた

先生は人のオーラの範囲を感じとれるようだ
そして娘さんはオーラが見えるらしい
スピリチュアル一家だ

私たち兄弟の関係が気になるのか
前世を妹を使って調べたくださった

私と妹は親子だったらしい

こしき沢先生はヒーラーだった

父が倒れてからバタバタだったが
ここへ導かれたような感じがする
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-26 20:38 | スピリチュアル | Comments(0)
2007年 02月 25日
変わり者
妹を見てるとほかの人と違うところが多い

いや普通じゃない

友人の営業マンが素質論CANCODEをやっていた

ちょっと気になったのでまず自分の素質を見てもらった

素質コード 000-919-025

鋭い直感とヒラメキを武器にしたフットワークのよい
行動力が特徴として表れる傾向があります。
自由で変化がある時を過ごすこと、
時代や人の心を敏感に察知すること、
無から有を生み出す独創性により物事を合理的に進めること、
ワクや束縛のない可能性を追求すること、
等を好む傾向があります。
また、プライバシーに入り込まれること、
束縛されたりワクにはめられること、
長話をされること、等はタブーとなります。
思い込みで人の話を聞かなくなる、
気分で予定が変わるといったムラっ気もあるという傾向もありますが、
相手の気持ちを機敏に察し、
物事の落ちを瞬時に見極めて、
臨機応変に対応していく姿が魅力として表れる傾向があります


こんな感じでなかなか合っている


妹のことは自分で調べてみた

素質コード 001-919-012

自分ならではの独自性、色々な情報にオリジナリティー溢れるアイデアを付加し、
オンリーワンを目指すところが特徴として表れる傾向があります。
時代の先を読み、じっくり考えて納得できる目標を設定し、
それに向かって初志貫徹すること、
自分の考え方・ペース・一貫性などを大切にすること、等を好む傾向があります。
また、自分の考えにケチをつけられること、
ペースを乱されること、途中経過の報告がないこと、等はタブーとなります。
考えてばかりで行動が伴わない、初対面ではとっつきにくく見られる、
何気ない言葉が相手を傷つけてしまうという傾向もありますが、
人に対して必要以上に干渉せず、何でも自分で考え、
自分自身の力で解決していこうとする自立的な面が特徴として表れる傾向があります。


妹は難しい性格の持ち主であるようだ


妹の各素質分析データをダウンロードした
傾向性を生かした成功の秘訣
後悔しない意思の決定ポイント
やる気ができるポイント
物事を早く習得できるポイント

この方へのワンポイントアドバイスがあり
とても勉強になりました

気になる方はどうぞお試しあれ

素質論CANCODE
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-25 10:55 | Comments(0)
2007年 02月 22日
生きる方向が見える
日本ヒーリングセラピー研究所

過去世のヒーリング

私の魂の光は赤
基盤を作る人

どこへでも飛びこんでいく自分からすぐに想像できた



今世の使命は
平和をもたらす人

どこへ行っても場を和ます自分であります



妹の魂の光は緑
愛の人

今世の使命は
予見者

誘導ヒーリングで私も妹も
うまくビジョンが見えてこなかった




お腹の中のヒーリング

誘導ヒーリング途中から
私は涙が止まらず
愛の与え方を魂から学んだ

会場の一人一人とハグするときも
涙が止まらない
愛するとはこうゆうことなのだと実感した

妹も涙し来てよかったと言った

三回のヒーリングすべて受けてこそ
到達できる境地でした
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-22 22:43 | スピリチュアル | Comments(0)
2007年 02月 21日
本日東京へ
日本ヒーリングセラピー研究所

過去世のヒーリング
おなかの中のヒーリングを受けに
妹と東京へ行ってきます
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-21 05:38 | Comments(0)
2007年 02月 19日
ゲートマッサージ
b0109888_19391530.jpgNAET療法には
ゲートマッサージが必要不可欠

2時間ごとにやるのだが3回目からは

妹自らやり始めた

自主性が出始めた

その調子その調子
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-19 19:47 | Comments(0)
2007年 02月 19日
恐怖
こしき沢接骨院

妹のNAET治療は恐怖に対する抵抗がアップしていた

いいぞ!この調子この調子

この治療にすごいなと思うことは
本人の意思に問うのではなく
魂に問うこと


b0109888_19204653.jpg
昼ごはんは伽羅舎RORO
高校時代テニス部の仲間とよく行ったものだ
久しぶりだがほとんど変わってない

妹はどこの喫茶店へ行っても
いつもナポリタンをたのむ
新しいものに挑戦できないでいる





b0109888_1715212.jpg
キャラリー沙蔵へ散歩に

古い雛人形から新しいものまでずらり
埋め尽くされていた

妹はひな壇の数だけお嫁に行った人がいるの?と聞く

若旦那に伺ったら借りているものもあるとか
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-19 17:16 | Comments(1)
2007年 02月 18日
不都合な真実
不都合な真実
友人に誘われ新潟へ映画を見に行ってきた
アメリカ大統領選でブッシュ氏に負けた
アル・コア氏のドキュメント

地球温暖化を訴えるのだが
さてこの映画を見て
どれだけ人が賛同し実行できるだろうか・・・・・

中学時代ノストラダムスの本を真剣に読んだ
すべてのジュネーブから逃げなさいとあるが
温暖化により主要都市が沈没するので
このことをノスちゃんは言っているのだろうか?
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-18 16:38 | Comments(0)
2007年 02月 16日
フレンチレストラン
b0109888_15293812.jpg
フレンチダイニングアシエットへ久しぶりにお邪魔した。ご主人ちょっと太られたよう。


b0109888_15314014.jpg
妹はキッシュとラタトイユ


b0109888_15332241.jpg
私は海産物のソテー
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-16 15:37 | Comments(3)
2007年 02月 15日
始まりましたNAET治療
こしき沢接骨院
治療の間先生と妹のエネルギー磁場(3m)に、
治療上必要である私以外は近づくことができない。
第三者の介入はエネルギー磁場を変化させ
検査・治療の精度がおちてしまう。

b0109888_2072698.jpg
無言で質問してOKだと手が下がる。

多くの質問の中で先生が気になられたことを
そっと私につげた。
妹は今を生きる力がないようだ。

日本ヒーリングセラピー研究所
永田先生の言い方だと
洞窟に入った状態

NST検査をはじめる
サンプルを握らせ手を倒す

妹は恐怖感を強く持っていた
愛を受け入れることはできるようだ

こしきざわ先生にどうしてこの治療を始めたのか伺った
表面だけの治療に限界を感じ
これに行き着いたそうだ
永田先生もヒーリングに限界がを感じられ
スピルチュアルで解決の道に入られた

NAETには有名な先生方がおられ
私など下っ端でトップクラスの先生は
オーラが違うそうだ

先生は過去世の影響が関係しているとおっしゃった。

来週過去世のヒーリング
おなかの中のヒーリングを
永田先生から見てもらって
解決できることを祈る

恐怖のサンプルを握らせ
背中のつぼを押し
ゲートマッサージをほどこされた

10分間寝かせ

結果は50%OK

これからの治療に時間はかかるようだ

帰りに先生は電動つぼ押し機を妹にプレゼントしてくださった。
妹は白色を選んだ。
先生はこの色を選んだことにも理由があるとおっしゃった。
[PR]

by kazufujiyama | 2007-02-15 20:26 | スピリチュアル | Comments(5)