<   2006年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

2006年 10月 31日
ありがとう 世界の皆様
b0109888_3255828.jpg
お陰様で本年度のヴィルフランシュでの画業本日終了。
本当に世界の皆様方に助けられ5ヶ月間やって来れました。
たくさんの出会いがありました。
みなさんありがとうございました。

b0109888_3292537.jpg
倉敷からお越しのOさんHさん
お二人はリタイヤ組みの絵描きさんで客船に乗って来られ
(Oさん)瀬戸大橋の側だから是非遊びに来なさい。
(Kazu)はい!讃岐うどんを食べに橋渡って行く時は寄らせてもらいます。
(Oさん)一緒に香川を描きまわりましょう。
ノリが良いおばちゃまでした。

このお二人わざわざ船に戻って私の為に
クロワッサンとオレンジを持って来てくださいました。
今年最後のヴィルフランシュの思い出です。




太陽の下で描きすぎたせいか
今の気分はもう一人で歩けない

磨り減って何にもイメージがわかず絵は当分お休み。
このまま続けたらヴィルフランシュを愛し描き続けていた日本人画家のミイラになりそう。
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-31 19:24 | Comments(1)
2006年 10月 30日
miracle
b0109888_3183062.jpg
本日のヴィルフランシュでの仕事は
大阪からのノリの良いおじちゃんも手伝っての

今年初の ホームラン!

今日は祝杯でシャンペンと行きたいところですが
缶ビールなのでした。
いよいよ泣いても笑っても明日が最終日
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-30 19:08 | Comments(0)
2006年 10月 29日
fin la heure d' été
スーパーの前を通りかかったら12時半なのに開いている。
12時に閉まるはずなのに・・・・
きっと問題があって開けるのが遅くなって
その分延長してやっているんだろうと思った。
5時半ごろヴィルフランシュでそろそろ止めようとしていたら
通りすがりの人が4時半といっている。
????
帰り道マイストロに出会う。
隣にいたモロッコ人がおれの腕時計を見て一時間早いという。
どうやら今日から冬時間になったようだ。

9年前の悪夢が甦る。
友人とミラノに行ったのだが私はお金が無くて
彼をホテルに泊めさせてやれることが出来ず
ドウモの前の地下鉄から吹き出てくる暖かい風で
鳩たちと一緒に暖を取って寒さをしのぎ
地下鉄が開くのを待っていたのだが
冬時間になった日で一時間多く待った苦い思い出がある。

どうりで今日はちぐはぐだったわけだ。




マイストロの描いているのはどう見てもニースではない。
お客さんに頼まれてマラケシュを描いている。
もうすぐ完成のようで喜んでいた。
最近モロッコづいています。
b0109888_214473.jpg

[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-29 17:50 | Comments(1)
2006年 10月 28日
Pizza
b0109888_2511471.jpg
久々にファブの店へ
トッピングはジャンボン、オニオン、ピーマン、オリーブ
最近みんなが聞くこと
どう儲かってる?
ここは大阪かいなって感じ
ツーリストがいない今
みんな気になるのでしょう貧乏画家が
今年は10月31日で
ヴィルフランシュでの仕事は終わりにします
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-28 19:50 | Comments(3)
2006年 10月 27日
Bière
昨日プリシリアとロナー家で今年自分で買った中でも
うまいワインを持参してモロッコ談義
飲みすぎた
朝起きてヴィルフランシュに行こうか止めようか11時までうつらうつら
こんなに行きたくないと思ったことは初めて
だが重たい身体に鞭打って出動
お陰様で船で来られた博多おばちゃま軍団に助けられ
奇跡のスリーベースヒット!

そして懲りない男
また隣のバーへ
b0109888_335075.jpg
b0109888_3351891.jpg
なんとなくゴッホが描いた夜のカフェテラスみたい
仕事に後のこれはやっぱええのう~
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-27 20:21 | 酒場&レストラン | Comments(0)
2006年 10月 26日
Fondation Maeght
b0109888_23262316.jpgb0109888_23274416.jpg
b0109888_23284256.jpgb0109888_23301039.jpg
サン・ポールにあるマーグ財団美術館に
友人のロナーと娘さんのミレナと一緒に行って来た。
今回は黒と白と題されていたが
なーんも感じませんでした。
外の公園でミロを見ていたほうがずっとよかったです。
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-26 16:24 | Comments(3)
2006年 10月 26日
UDON 6
映画「UDON」をネットで見て泣かされた

今親父が倒れたら・・・

家を飛び出して20年父にはいつも頭が上がらない

中越地震の時
家は風呂場のタイルに亀裂が入った程度だったが
信濃川の反対側の山の方は壊滅的だった
もし家が全壊していたらフランスで絵どころじゃなかっただろう

映画のシーンで讃岐富士をバックに小麦畑を見たとき
栃尾の山と田んぼの稲穂がダブって見えた
今年も父は稲刈り機にまたがって民謡を口ずさんでいたことだろう

おやじ元気でいてくれ

追記 この一カ月後脳梗塞で父は倒れた
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-26 02:18 | Comments(0)
2006年 10月 25日
UDON 5
ニースにあるアジアンマーケット3軒へ懲りずに日本の小麦粉探しもちろんうどんの為

やっぱり無い

讃岐うどんの乾麺を発見 2.8ユーロ

最後はこれにたよるだろうがまだ我慢

きっとこのHP讃岐うどんを見たら食べたくなるだろう

そうだ香川へ婿に行こう
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-25 18:00 | Comments(2)
2006年 10月 24日
ma chanbre
b0109888_1553229.jpg
久しぶりに部屋をかたずけた
モロッコへの旅を予定してここへ置いておく荷物は
りこうさんにまねてこうりひとつにしたい

片っ端から捨てていく
画材と大工用品、PC以外で捨てられない物が出て来た。
画集 PCソフトの解説書 DVD 地図 ガイドブック
写真 手紙 また読んでない小説 テント用品一式

こうりひとつに入りそうにない・・・・・

出国前に考えよう 
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-24 14:52 | Comments(0)
2006年 10月 23日
UDON 4
b0109888_0294985.jpgプロジェクトX~挑戦者たち
中島みゆきの地上の星を聞きながら
うどん打ち4度目のチャレンジ

フランス産小麦粉Type45(薄力粉)500g
ボルビック225g
ゲランドの塩25g

室温23度c
足ふみ2x5回
熟成30分
太いと硬いので今回2x3mmで打つ
湯で時間13分

b0109888_03074.jpgやっとこさここまで来ました。

味や食感はもう変えられないような気がする。

へもさんおしみないご協力有難うございました。

今回に至った参考資料
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-23 17:24 | Comments(0)