カテゴリ:UDON( 9 )

2006年 11月 11日
UDON9
b0109888_6164763.jpgけさ美さんちでてんぷらとうどんをしてさしあげた

写真左上の小皿は私が釣った生タコ

うどんは讃岐の乾麺だが冷たい出汁で食べたので

コシがあってマルッとGOO!

ムッシュ・ソベートル氏は
カズがモロッコで簡単な日本食レストランを開くならスポンサーになるよと一言

クイジニエ(料理人)は小さい頃の夢だったけど
さて今からはどうだろ・・・・・

おしゃれなテーブルクロスはけさ美さんがわざわざパリから買ってこられたもの
[PR]

by kazufujiyama | 2006-11-11 22:15 | UDON | Comments(2)
2006年 11月 09日
UDON 8
b0109888_42715100.jpgうどんをマイクたちに食べさせた。

てんぷらうどんにするつもりが

わかめと椎茸をのせてちょとおかめ風。

うそでもおいしいといってくれたのでうれしいね。
[PR]

by kazufujiyama | 2006-11-09 20:25 | UDON | Comments(4)
2006年 11月 06日
UDON 7
b0109888_21534287.jpgアジアのスーパーマーケットで

讃岐うどんの乾麺を手に入れた

ごまとねぎを薬味に醤油で冷やしぶっかけにしていただいた。

生麺には負けるがコシがあって

フランスの小麦粉で打つよりはるかにおいしかったです
[PR]

by kazufujiyama | 2006-11-06 13:52 | UDON | Comments(2)
2006年 10月 26日
UDON 6
映画「UDON」をネットで見て泣かされた

今親父が倒れたら・・・

家を飛び出して20年父にはいつも頭が上がらない

中越地震の時
家は風呂場のタイルに亀裂が入った程度だったが
信濃川の反対側の山の方は壊滅的だった
もし家が全壊していたらフランスで絵どころじゃなかっただろう

映画のシーンで讃岐富士をバックに小麦畑を見たとき
栃尾の山と田んぼの稲穂がダブって見えた
今年も父は稲刈り機にまたがって民謡を口ずさんでいたことだろう

おやじ元気でいてくれ

追記 この一カ月後脳梗塞で父は倒れた
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-26 02:18 | UDON | Comments(0)
2006年 10月 25日
UDON 5
ニースにあるアジアンマーケット3軒へ懲りずに日本の小麦粉探しもちろんうどんの為

やっぱり無い

讃岐うどんの乾麺を発見 2.8ユーロ

最後はこれにたよるだろうがまだ我慢

きっとこのHP讃岐うどんを見たら食べたくなるだろう

そうだ香川へ婿に行こう
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-25 18:00 | UDON | Comments(2)
2006年 10月 23日
UDON 4
b0109888_0294985.jpgプロジェクトX~挑戦者たち
中島みゆきの地上の星を聞きながら
うどん打ち4度目のチャレンジ

フランス産小麦粉Type45(薄力粉)500g
ボルビック225g
ゲランドの塩25g

室温23度c
足ふみ2x5回
熟成30分
太いと硬いので今回2x3mmで打つ
湯で時間13分

b0109888_03074.jpgやっとこさここまで来ました。

味や食感はもう変えられないような気がする。

へもさんおしみないご協力有難うございました。

今回に至った参考資料
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-23 17:24 | UDON | Comments(0)
2006年 10月 20日
UDON 3
うどん打ちフランスで今年三回目の挑戦
フランスの強力粉、薄力粉は日本の物とは
種類が違いパンに適した粉
ならばうどん粉に近い粉作りましょう

b0109888_4225110.jpgType45フランスではお菓子に使う

b0109888_4235517.jpg片栗粉をまぜより日本のうどん粉に近づける。

小麦粉の種類参照


室温23度c
Type45 350g
片栗粉(たぶん馬鈴薯)150g
ボルビック220g
ゲランド産塩27g

すべてを混ぜて30分寝かせる

b0109888_4244497.jpgトラの足で踏む。
今回は2x8回(手打ちうどん用語) いくら踏んでも粘りがでなく生地は荒くすぐちぎれる

b0109888_425773.jpg6時間後延し
粘りがなく簡単に延びる

b0109888_4261040.jpg切るが麺に粘りがなくちぎれる

b0109888_427358.jpgちりちりばらばらの麺
食感は固い餅
味は片栗粉を混ぜた分小麦の味が薄まり日本のうどんに近い

敗北感

ああ長い道のりここまで来たのに今の心境は
もう一人で歩けない
助けて!
[PR]

by kazufujiyama | 2006-10-20 21:21 | UDON | Comments(4)
2006年 09月 29日
UDON 2
b0109888_4245217.jpg前回の手打ちうどんのリベンジ
ブログ仲間からの情報で前回は足ふみに問題があったようだ
今回はうまく行くことを祈って材料買出し
BIOショップで小麦粉を買い
水もボルビックを選び慎重に進める
足ふみした時点で麺棒と延し板がほしくなり近くの日曜大工の店で調達
気合入ってます

b0109888_4473448.jpgb0109888_4501477.jpg
めん切りまでうまく行きゆでても殆どうどん
今回は成功でしょう

ちゅるちゅるっとお口へ

がしかし

噛み切るが固い餅味はパスタ
日本のうどんって小麦の味あまり感じないのはなぜ?質が悪い粉?
フランスの小麦粉はほとんどがパン用の硬質粉らしい
ショックから立ち直れず

みなさ~んうどん粉送って!



[PR]

by kazufujiyama | 2006-09-29 21:20 | UDON | Comments(0)
2006年 09月 27日
UDON
b0109888_2351325.jpg日本では映画『UDON』でうどんブームだそうな
私も無性に食べたくなり手打ちに挑戦
フランスでは3回目すべて失敗に終わってます
どうも小麦粉に問題あり
フランスの強力粉薄力粉は日本で言う準強力粉らしい
さて今回はフランスではお菓子に使う小麦を使用
出来た麺の色はパスタに近く黄色
麺の味はパンの耳って感じよく言えばパスタ感触は固い餅
惨敗

かつお節、きざみねぎ、ライム、醤油でぶっがけで食べました
噛み切れない細く打てばよかったかな
ムムム
うどん粉に近いものフランスで探すしかないな
挑戦は続く・・・
[PR]

by kazufujiyama | 2006-09-27 16:50 | UDON | Comments(0)