2009年 10月 08日
耕さず土が生き返るのに何年かかるのだろう
先日高崎の田島農園の田んぼを見た

田島さんは自然農を初めて25年

掘り起こした黒く腐葉土化した藁の層が歴史を物語っていた

川口由一氏と同じく苗床で20cmに育ててから植え付けている

こうすると草に勝ち逆に草が弱っていく



川口由一氏の哲学は福岡正信氏から考えはきている

たが彼なりの方法を編み出した

来年陸稲で挑戦するが水田でもやってみたい

さあどうする?
[PR]

by kazufujiyama | 2009-10-08 19:51 | 農業 | Comments(0)


<< てんつくマン上映会 ひょんなこ...      日本酒の焼酎割? 超辛口二十度... >>