2009年 05月 15日
「自然に還る」を読んで
福岡正信氏の「自然に還る」を読んでため息が出た

今私がやっていることは自然を破壊する農業である

これは断言できる

土を掘り返すことにより微生物を殺し草を生えやすくしている

福岡正信氏の農業、いや神を見てみたい

家の畑は小さすぎて父母の目が黒いうちは刃向えない

クローバーを植えてそれを肥やしにする麦と米の二毛作もやってみたい

これをやったら虫がいっぱいになる

近所じゅうから非難をあびるだろう

でも考えるだけでわくわくするやり方だ

福岡正信氏は自分は百姓と言うが哲学者であり科学も宗教もわかっておられる

中でも感心したのは聖書の「空の鳥を見るがよい。

まくことも、刈ることもせず、倉に取り入れることもしない。

それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養ってくださる。

あなたがたは、彼らよりもはるかにすぐれた者ではないか。」

真の真善美は自然の中のみにあると確信して

「何もしない」耕さず、肥料をやらず、化学物質を使わない、草を取らない

彼の農業は簡単ではない

種まきのタイミングがある

ナスやトマトなどは植え付けしなければならない

世界中の反響を呼んだ「わら一本の革命」を読む必要が出てきた
[PR]

by kazufujiyama | 2009-05-15 21:14 | 農業 | Comments(2)
Commented by 山科2008 at 2009-05-16 02:34 x
初めまして、福岡さんが亡くなられて残念に思っています。
一度お会いしたかったなと。

実践される時の抵抗には、一人では耐えられないかもしれません。
しかし、イエス様が共に歩まれる時、一人ではありません。

お母様のために祈ります。
あなたが、どうしてもと信じてお話されれば道は開けます。

別の話です。
もしかして、畑の周りの水路は三面コンクリートではありませんか?

底だけでも、土に戻すとかできないでしょうか?
琵琶湖の東では、戻した人がいらっしゃるそうです。

琵琶湖総合開発は琵琶湖を水がめにしてしまった。
戻す計画を立てれば、滋賀県は潤うのですが。

こちらは私の課題です。
是非自然農法を始めていただきたく書きました。
Commented by kazufujiyama at 2009-05-16 07:59
山科2008さん
初めまして
父母の眼の黒いうちはここでは出来ないのでありました
ですがその日はきっと来ます
道端に落ちた種は育たずとも
いい畑に落ちた芽は育つ
その時までいい種になっているようにします


<< 村祭り      恐ろしやCKD(慢性腎臓病) >>